メンズ

育毛剤で劇的に頭皮が変わる|髪に魔法を!

脱毛原因と治す方法

毛のイラスト

脱毛するメカニズム

成人男性の3人に1人は男性型脱毛症(AGA)に悩んでいるといいます。男性型脱毛症になるのは、主に男性ホルモンが原因です。男性ホルモンのテストステロンが毛細血管にある5α還元酵素と結合すると、DHTが発生します。DHTは毛母細胞にダメージを与え、ヘアサイクルを乱します。ヘアサイクルが乱れると髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまいます。そして髪の再生のサイクルが間に合わなくなり、結果的に薄毛になってしまうのです。このような男性型脱毛症のメカニズムを解消できるのが病院のaga治療です。aga治療を受ければ、5α還元酵素からDHTが発生するのを抑止できます。粘り強くaga治療を続ければ発毛に繋がります。

フィナステリドで治る

aga治療で使われているのがフィナステリド(プロペシア)です。フィナステリドには、5α還元酵素の活動を低下させて、男性型脱毛症の原因であるDHTが発生するのを予防する効能があります。5α還元酵素の量というのは遺伝で決まります。親が薄毛だと子供も薄毛になると言われていますが、それは5α還元酵素の量が親から子へ遺伝するからです。しかし、遺伝的な原因がきっかけで発生する薄毛でも、フィナステリドがあれば抑制できます。実際に多くの成人男性がフィナステリドで薄毛を克服しています。フィナステリドには飲むタイプ、塗るタイプ、注入するタイプなどがあります。病院を受診して肝機能に重い障害がなければフィナステリドを処方してもらえます。